竹内涼真と杉咲花が新CM

共同通信

 俳優の竹内涼真と杉咲花が東京都内で開かれた転職情報サイト「マイナビ転職」の新CM発表会に登場した。三枚目の若者を演じた竹内は「くすっと笑える前向きなCMです」とアピール。杉咲は撮影中、その芝居がおかしく、終始、笑いをこらえていたという。

 「完成したCMでは、さらりと格好いいことを言っているんですけど、現場ではもっと面白かった」と杉咲。普段、二枚目役が多い竹内は「さわやかだけじゃないぞ、ということを主張し過ぎた」と反省していた。

 「転職」にちなんで人生で転機となった出来事について問われると、竹内は高校の修学旅行でハワイに行った時のエピソードを披露。「大勢の前で、飛び入りでダンスを踊った。外国人からも拍手をもらい、その時、人前に立つって気持ちいいなと思った」と語った。

 一方、杉咲は芸能界に入るきっかけになった中学1年の時のオーディションを挙げた。母親から「部活か、オーディションかどっちかにして」と二者択一を迫られたそう。「陸上部で走り高跳びをやりたかったので、本当に悩んだ。でもオーディションを選んで良かったと思う」と話した。

 2人はCMのテーマ「あした転機になあれ。」に掛け、てるてる坊主に顔を描き入れ、イベントを終えた。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ