チームは「人生みたいなもの」

共同通信

 関学大アメリカンフットボール部を甲子園ボウルで12度の優勝に導き、就任28年目だった今季限りで勇退する鳥内秀晃監督(61)が8日、兵庫県西宮市の大学施設で記者会見し「(選手、コーチ時代を含めて)人生の3分の2を過ごしていますから。人生みたいなものですね」と長く率いたチームへの愛着を語った。

 監督在任中、197勝38敗3分けの戦績を残し、2002年には「ライスボウル」も制し日本一に。輝かしい戦歴の一方、学生の指導にあたっては「人間教育が一番大事じゃないかと思ってやってきた」と振り返った。

 退任に際して「正直ほっとしている」と率直な心境も吐露した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ