北京で日中議会交流

共同通信

 【北京共同】衆院の超党派議員団は9日、中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)の代表者との議会間定期交流「日中議会交流委員会」を北京の人民大会堂で開いた。首脳や閣僚の往来に加え、議会間交流も通じ日中関係のさらなる改善を目指す。春の習近平国家主席の国賓訪日に向け、環境整備も図る。

 冒頭、中国の曹建明・全人代常務委員会副委員長が「今年初めての外国議会との交流だ。積極的な成果を上げられると信じている」と歓迎。高木毅衆院議院運営委員長(自民党)は習氏訪日に触れ「関係発展の機運を一層高めるため、活発な意見交換により実り多い機会としたい」と返した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ