郵政、かんぽ不正の調査拡大へ

共同通信

 日本郵政の増田寛也社長は9日、就任後初めての記者会見を東京都内で開き、かんぽ生命保険日本郵便による保険不正販売の調査対象を拡大すると明らかにした。「深くおわびする。一刻も早く全容を解明し、顧客の不利益を解消する」と述べ、被害回復を優先する意向を表明した。調査拡大で不正件数は増えるとみられ、信頼回復は一段と遠のきそうだ。

 増田氏は「(不正が)埋もれているものもある。グレーの色が濃い契約を調査する」と強調した。顧客が約1900万人に上る約3千万件の全契約の中にも、本人の意向を軽視して保険金の受取人を変更するなど、不正の恐れのある契約が隠れているとみている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ