米政府、環境アセス短縮へ

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスで記者会見し、高速道路や原油のパイプライン整備など、連邦政府が関わる大型インフラ事業の環境影響評価(アセスメント)にかかる期間を大幅に短縮する方針を明らかにした。産業界は歓迎する一方、環境保護団体は環境軽視だと批判している。

 環境アセスに時間がかかって事業が遅れ、コストが上昇し経済に悪影響を及ぼしているとの判断で、環境保護より産業を優先した形。トランプ氏は「官僚的な仕組みのせいで必要な建設ができなければ米国は競争も繁栄もできない」と述べた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ