漁業者の減収補填の基金がピンチ

共同通信

 不漁などによる減収を補填するため国と漁業者の拠出で運営している基金が、枯渇の危機に陥っている。秋サケやサンマ、イカなどの記録的な漁獲減少の影響で支出が急増し、2015年度末時点で635億円あった国の拠出分の基金残高は、18年度末に312億円まで急減した。国は支出抑制で枯渇回避を模索するが、補償切り下げにつながると漁業者の反発が強く、打開策が見いだせていない状況だ。

 基金は「漁業者が安心して操業するための大きな安全網」(業界団体幹部)になっている。基金枯渇の危機は、不漁が深刻化し漁獲制限も進む中で新たな不安の種となる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ