モリソン豪首相、支持率が急落

共同通信

 【シドニー共同】13日付オーストラリアン紙が掲載したオーストラリアの世論調査結果で、森林火災の被害が拡大する中、12月に公表せずに家族でハワイ旅行に出掛けたモリソン首相の支持率が急落した。与党保守連合の支持率も昨年5月の総選挙以来、初めて野党労働党に逆転された。

 モリソン氏は旅行を切り上げて帰国後、消火活動などのために軍の予備役約3千人を招集したり、今月6日には復興支援機関を新設し、20億豪ドル(約1500億円)を投じると発表しているが、国民が対応に不満を募らせている現状が浮き彫りとなった。

 今月8~11日に実施された世論調査には1505人が回答した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ