NY株反発、83ドル高

共同通信

 【ニューヨーク共同】週明け13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比83・28ドル高の2万8907・05ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は95・07ポイント高の9273・93、幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は22・78ポイント高の3288・13と、いずれも過去最高値を更新した。

 今週から本格化する企業決算への期待を背景に買い注文が優勢となった。米財務省が中国の「為替操作国」認定を解除すると報じられたことも好感された。

 銘柄別では、電子機器のアップルや通信機器のシスコシステムズが上昇した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ