特産「たまたま」初出荷、宮崎

共同通信

 キンカン生産量日本一を誇る宮崎県の特産ブランド、完熟キンカン「たまたま」の出荷が14日、始まった。温室で形の良い実を厳選し、強い甘みが特徴。出荷は2月にピークを迎え、3月末ごろまで続く。今年の生育は順調といい、生産者は「栄養もあっておいしい。ぜひ食べて」と呼び掛けた。

 宮崎市中央卸売市場での初競りでは、箱詰めされたキンカンが、大きな掛け声とともに次々と競り落とされ、1キロ当たり過去最高5万5千円の値が付いた。

 「たまたま」は樹上で210日以上熟成させ、直径2・8センチ、糖度16度を上回るのが条件で、昨年からは栄養機能食品として販売している。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ