「強固な日米同盟を」シュルツ氏

共同通信

 【サンフランシスコ共同】茂木敏充外相は13日(日本時間14日)、訪問先の米国・サンフランシスコでレーガン政権の国務長官を務めたシュルツ氏(99)と会談した。シュルツ氏は19日に署名から60年を迎える改定日米安全保障条約に関連し「日米同盟の発展をうれしく思う。引き続き同盟が強固であるよう願っている」と述べた。

 1982~89年に国務長官だったシュルツ氏は、安倍首相の父で当時外相だった晋太郎氏と会談を重ね、信頼関係を結んだ。会談では晋太郎氏のほか、昨年11月に死去した中曽根康弘元首相との思い出も話題に上ったという。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ