株式会社gazは、日本初、STUDIO株式会社公認のSTUDIOを利用したWEBサイト制作会社となりました!

PR TIMES 株式会社gaz

コーディングのいらないSTUDIOでのWEB制作ならgazにお任せ!今なら限定で、お得なプランもご用意
株式会社gaz(福岡市中央区、代表取締役CEO:吉岡 泰之)はデザイン事業と自社サービス運営を展開しているデザインファームです。 2020年1月14日より、日本初、STUDIO公認のWEB制作会社になりました。STUDIOを用いて制作をすることで、低価格かつ高品質・スピーディーなWEBデザインを行っていきます。
福岡を拠点とするデザインファーム株式会社gazは2020年1月14日より、日本初のSTUDIO公認WEB制作会社になりました。STUDIOを用いて制作をすることで、低価格かつ高品質・スピーディーなWEB制作をあらゆる業種のお客様に提供していきます。(https://studio-gaz.design
gazのSTUDIO制作事業のWEBサイト
STUDIOとは?

STUDIO公式サイト → https://studio.design/ja

Webサイトのデザイン・公開・運用までをコーディングなしで完結できる、次世代のデザインツール「STUDIO」。2019年1月にはバージョン2.0をリリースし、現在、約5万5千人以上のユーザーを獲得しています。
gazにSTUDIO制作を頼む理由

・スピーディーな納品
STUDIOではコーディングが必要ないので従来のWEB制作より短期間での納品が可能です。

・低コストで制作
STUDIOを用いて制作するためデザイン費用のみで制作します。LPやティザーサイトなどにおすすめです。

・ハイクオリティなデザイン
数多くのWEBサイトを手掛けるデザインファームが母体となっているので、高いクオリティを実現しています。

・多彩なオプション
様々なクリエイターが在籍しているため、写真撮影やイラストなど多彩なオプションを追加することができます。

・密なコミュニケーション
slackやmessengerなどのチャットツールを用いてこまめにコミュニケーションを行います。

・STUDIO公認
gazにはSTUDIOアンバサダーが在籍しており、STUDIO公認の制作会社なので、安心して制作を委託できます。
gazにSTUDIOの制作を依頼するメリット

また、WEBデザインにとどまらず、UXデザインやグラフィックデザイン、ロゴデザイン、イラスト、写真、動画、アニメーション、ライティングと、多種多様な方面のクリエイティブでのサポートが可能です。
これまで時間や金額の制約でコンテンツの充実や質の向上が行き届いていなかったという方は、ぜひ一度ご相談ください。
料金プラン

対応できるサイトはサービス紹介サイトやイベントサイト、コーポレートサイト、ポートフォリオサイトなど様々な種類のWEBサイトに対応可能となっております。
プランの詳細内容や金額に関してはhttps://studio-gaz.designよりお問合わせください。

ライトプラン
対象:コンパクトなサイトが今すぐ欲しい方

【プラン内容】

1~2ページ
レスポンシブ対応
イラスト/素材作成
納期最短一週間

スタンダードプラン
対象:基本的なページが揃ったサイトがいち早く欲しい方

【プラン内容】

3~5ページ
レスポンシブ対応
イラスト/素材作成
納期最短2週間

プレミアムプラン
対象:ボリューム感のあるサイトがいち早く欲しい方

【プラン内容】

6~20ページ
レスポンシブ対応
イラスト/素材作成
納期最短3週間

※プランの参考料金はWEBサイト(https://studio-gaz.design)に記載しております。
これまでのgazによるSTUDIOの制作

株式会社gazは複数のSTUDIOのサイト制作実績があります。
様々なご要望やアイディアをWEBサイトに落とし込み設計をすることが可能です。

gazのこれまでの制作事例
またWorkshopも主催しており、STUDIOの制作経験のあるデザイナーが複数在籍しているのも魅力の1つです。
STUDIOの操作、利用方法等の継続サポートも可能です。

様々なテイストや表現が可能なデザイナーが揃っておりますので、最適なデザイナーのアサインを行います。
gazのSTUDIOの制作に携わるメンバー
限定キャンペーン実施中
リリースを記念して初回に限り5社限定20%OFFでご利用できるキャンペーンをご用意しています。WEBサイト(https://studio-gaz.design)よりお申込み時にキャンペーンでのお問い合わせの旨をお伝え下さい。
※契約確約の先着順となります。枠が無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ