ロシア、禁止の船上加工を指摘

共同通信

 【モスクワ共同】北海道根室市の歯舞漁協所属のマダラ底はえ縄漁船「第68翔洋丸」が北方四島沖合でロシア当局に連行された問題で、漁協は16日、禁止されているカレイの船上加工を当局に指摘されたと説明した。極東サハリン州の国境警備局は同日までに、ロシアが主張する排他的経済水域(EEZ)で翔洋丸を連行したと発表した。

 北海道や漁協によると、日本とロシアが合意した取り決めにより、カレイの船上加工は今年から禁止されている。翔洋丸は頭部を切った状態のアブラガレイを積んでいた。国境警備局は、未申告の漁獲物が船内から見つかったとしている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ