筑邦銀、SBIと業務提携

共同通信

 地方銀行の筑邦銀行(福岡県久留米市)とSBIホールディングスは17日、地方創生を目的とした資本業務提携を結んだと発表した。SBIが筑邦銀の株式を、3%を上限に取得して大株主となる。SBIが掲げる地銀連合「第4のメガバンク構想」の一環で、島根銀行(松江市)、福島銀行(福島市)に続く第3弾の出資となる。

 筑邦銀とSBIは地域通貨の発行や、地元のスタートアップ企業の支援などを通じて地域経済の活性化を図る。筑邦銀はSBIの投資先企業が提供する、金融とITが融合したフィンテックを導入し、業務の高度化やスリム化を図る。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ