米軍、イラン攻撃で11人負傷

共同通信

 【ワシントン共同】イランによるイラク駐留米軍への8日の弾道ミサイル攻撃について、米CNNテレビは16日、国防総省当局者の話として、爆発の影響で米軍の11人が負傷し、ドイツの病院に搬送されていたと伝えた。米政府はこれまで死者は出なかったとして被害の少なさを強調していた。

 負傷者が出たのは、弾道ミサイル11発が着弾したイラクのアサド空軍基地で、負傷者には脳振とうの症状があったという。

 国防総省のホフマン報道官は、負傷者がいたことは16日に確認したと強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ