再編議論対象440病院に

共同通信

 厚生労働省は17日、再編・統合の議論が必要として昨年9月に公表した424の公立・公的病院のリストを修正し、対象は約440病院になったと発表した。徳島県鳴門病院など1都6県の7病院を除外する一方、新たに約20病院を加えた。厚労省は除外分の病院名は公表したが、追加分については「混乱が広がらないようにするため」として所在する自治体や病院名を公表していない。

 診療実績データに基づき対象病院を判断したが、病院側の報告漏れや厚労省の集計ミスなどが判明し、修正した。担当者は記者会見で「ミスについては反省しなければならない」と述べた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ