内閣府、幹部6人を注意処分

共同通信

 内閣府は17日、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿を「行政文書ファイル管理簿」に記載しなかった問題などで、公文書管理法違反に当たるとして、田和宏内閣府審議官ら幹部6人を厳重注意の処分としたと発表した。「桜を見る会」に絡んだ職員の処分は初めて。

 処分されたのは、2011~17年度にかけて、内閣府の人事課長だった田和氏、井野靖久経済社会総合研究所長、小野田壮賞勲局長、嶋田裕光政策統括官、野村裕経済社会総合研究所総括政策研究官の5人。さらに特定の情報を不適切に消去して昨年11月に国会に関連文書を提出した吉岡秀弥人事課長。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ