日米安保60年、変容迫られる

共同通信

 【ワシントン共同】現行の日米安全保障条約は19日で署名から60年となった。両政府は長年、重要性を強調してきたが、「米国第一」を掲げ同盟関係を軽視するトランプ大統領は「不公平」と非難し、日本に一層の負担増を要求している。米国は「世界の警察官」を辞めると宣言し、中国は軍事力を増強、北朝鮮は核開発を続けてきた。東アジアの安保環境が激変する中、日米同盟も変容を迫られる可能性が高い。

 「日米安保条約は不公平な合意だ。日本が攻撃されたら米国は日本のために戦わなくてはならない。米国が攻撃されても日本は戦わなくていい」

 昨年訪日したトランプ氏は強い不満を表明している。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ