独首相、リビア前途「楽観せず」

共同通信

 【ベルリン共同】リビア内戦を巡る19日の和平国際会議では、関係各国が恒久的な停戦に向けた協力強化で合意した。ただリビアでは、これまでも停戦プロセスが失敗してきた。会議を主催したドイツのメルケル首相は、和平の前途を「楽観視していない」と述べ、継続した取り組みの重要性を強調した。

 今回は、リビア和平を巡り過去最大級の国際会議となった。メルケル氏は終了後の記者会見で成果を発表しつつ、「厳しい道のりになるだろう」と表情を引き締めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ