光回線維持で負担金検討、総務省

共同通信

 総務省が、光ファイバー回線を全国的に維持するため、負担金制度の設置を検討していることが20日分かった。光回線は高速大容量の第5世代(5G)移動通信を支える重要な基盤となるが、離島や山間部などでは整備や保守が難しい。大手携帯会社を含む通信事業者から幅広く負担金を徴収して、基盤を維持する案などが浮上している。

 通信分野では、NTT東日本と西日本が提供する固定電話網がユニバーサルサービス(全国一律)と位置付けられ、事業者が携帯電話の利用者などから月2円を徴収して維持費に充てられている。光回線でも、こうした仕組みを参考にして制度を設計する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ