東芝機械に敵対的TOB

共同通信

 旧村上ファンド系の投資会社、シティインデックスイレブンス(東京)は21日、工作機械大手の東芝機械に対して株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。最大で259億円を投じ、東芝機械株の保有比率を43・8%に高めることを目指す。買い付け期限は21日~3月4日。

 東芝機械はTOBに反対する姿勢で、敵対的TOBとなる見通し。東芝機械はシティ側からのTOB開始通告を受け、他の既存株主に新株予約権を割り当てて買収者の保有比率を引き下げる買収防衛策を導入しており、双方の攻防が激しくなりそうだ。

 シティ側は東芝機械株の12・8%を既に取得している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ