「CSRブランディング」とは?

グロービス経営大学院

CSRブランディングとは、社会から共感を得、好感をもたらすべく、CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)を前面に打ち出したブランディング。

昨今では、環境対策によって「環境にやさしい企業」といった企業ブランドを構築すると共に、差別化可能な戦略的要素を追求する企業が増えている。

例えば、1970年代に創設されたザ・ボディショップは動物実験に反対し、天然原料を使った化粧品・トイレタリー製品を製造販売する英国企業であるが、自然派化粧品として、競争の激しい業界での差別化に成功している。

ほかにも、戦略的CSRブランディングが実行されている事例として、以下のような活動が挙げられる。

トヨタ自動車:ハイブリッドカー「プリウス」開発・販売による有害汚染物質排出削減

TOTO:ユニバーサルデザイン、環境配慮型商品(水使用量を大幅に削減した水洗トイレ)

日清食品:インスタント麺「カップヌードル」のリフィル販売による容器分の資源削減

 

意識の高い消費者は、こうした企業姿勢を評価して、購入する製品を選ぶ時代になりつつあることから、CSRは今後も企業戦略上その重要性を増していくと思われる。そして、コーポレート・ブランディングの観点においても、CSRはブランド構築に欠かせない重要な要素となっていくであろう。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ