IAEAが日本の規制委を評価

共同通信

 国際原子力機関(IAEA)の専門家チームは21日、原子力規制委員会の組織運営などについて東京都内で15日から実施していた点検作業を終え、結果を公表した。2016年の点検を基に、規制委は原子力施設に検査官がいつでも自由に立ち入れるよう制度を改正しており、チームは評価書で「大きな進展があった」と指摘した。

 一方、結果公表後の記者会見で、チームリーダーのラムジー・ジャマール氏は「(規制委が)産業界と十分に交流できていない」と指摘。原子力事業者から安全に関する情報を積極的に得た上で、改善を提言する取り組みなどが必要だとした。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ