桜を見る会の資料開示を徹底要求

共同通信

 立憲民主党など野党3党の国対委員長は22日の会談で、内閣府が「桜を見る会」の招待者数に関する新たな資料を提出したことを受け、資料の開示要求を徹底していく方針を確認した。立民の安住淳国対委員長は記者団に「国会審議直前に出してくるのは、野党に考える余地を与えない悪質さを感じる」と政府対応を批判した。

 安住氏は、招待者名簿の管理を巡って内閣府の歴代人事課長が厳重注意処分となったことについて「上にいる局長や大臣が何の関係もないなんてあり得ない。トカゲのしっぽ切りは許せない」と述べ、安倍晋三首相や菅義偉官房長官の責任をただす考えも強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ