首相答弁に野党「支離滅裂」

共同通信

 野党は22日、「桜を見る会」の問題などが取り上げられた衆院代表質問への安倍晋三首相の答弁に関し「支離滅裂な、つじつまの合わない言い訳を繰り返した」(立憲民主党の枝野幸男代表)と反発した。与党は「桜はもう散ってしまった」(自民党の二階俊博幹事長)と、問題を追及する野党側をけん制した。

 代表質問を終えた枝野氏は、招待者名簿の再調査や廃棄記録の開示などを首相が拒否した点を「やりたくないという答えでしかなかった」と批判した。

 憲法改正へ国民の意識が高まっているとの答弁にも触れ「客観的な事実がない」と断じた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ