新型肺炎拡大、死者17人に

共同通信

 【北京共同】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染による肺炎で、中国国営メディアなどは22日夜、中国で新たに8人の死亡が確認され、死者は計17人になったと伝えた。発症者は542人となった。台湾とマカオでも1人ずつ発症者が確認された。世界保健機関(WHO)は22日「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうかを協議するため、専門家による緊急委員会を開催。中国政府は感染予防や制圧に力を注いだ。

 香港政府も22日、感染の疑いが強い男性患者が見つかったと発表した。

 春節(旧正月)の大移動に伴い、さらなる感染の拡大が懸念されている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ