昨年の韓国訪問日本人、11%増

共同通信

 【ソウル共同】韓国観光公社は23日までに、韓国を2019年に訪れた日本人が前年比11%増の約327万人(暫定値)だったと発表した。300万人を超えたのは12年以来、7年ぶり。ただ、日本の輸出規制が強化された昨年7月以降は日韓関係が悪化したため伸び率が縮まり、19年10~12月は前年同月比マイナスだった。

 公社によると、19年1~6月はいずれも20%以上増加していた。K―POPや韓国料理といった韓流のファンの若者らが多く訪れたことが要因とみられるという。

 だが、その後は輸出規制強化への反発が韓国内で強まり、日本への旅行を自粛する動きが急速に広まった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ