ヤマトHD、事業会社へ移行

共同通信

 物流大手のヤマトホールディングス(HD)は23日、傘下のヤマト運輸などを吸収合併し、来年4月に純粋持ち株会社から事業会社へ移行すると発表した。中期経営計画も発表し、2024年3月期に売上高に当たる営業収益で2兆円、営業利益で1200億円以上を目指す方針も示した。

 長尾裕社長は東京都内で開いた会見で経営体制の再編に関し「ワンヤマトで経営を行い、お客さまとの接点強化に専念できる」と狙いを語った。

 ヤマトは対顧客別に組織を再編。事業会社内に個人顧客を中心とした「リテール」、「地域法人」、「グローバル法人」、通信販売などの「EC」の四つの事業本部を設置する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ