ロヒンギャ迫害停止を命令

共同通信

 【ブリュッセル共同】ミャンマー国軍によるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害はジェノサイド(民族大量虐殺)条約違反だとして、西アフリカ・ガンビアが国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)に提訴した訴訟で、ICJは23日、殺傷や生活の破壊などの迫害を止めるための「あらゆる措置」を至急取るようミャンマーに求める仮処分命令を出した。

 同訴訟で初の判断。上訴はできないが、ICJに命令を強制執行させる権能はない。ミャンマーの対応が今後の焦点だ。

 迫害がジェノサイドか否かについては今後も審理を行う。結論まで数年かかるとみられている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ