中部空港で訪日客に日本の酒PR

共同通信

 清酒や焼酎など全国各地の酒を取りそろえた専門免税店「空乃酒蔵」が24日、中部空港(愛知県常滑市)にオープンした。日本の酒専門の免税店は国内空港で初めて。国際線拡充で訪日外国人客が増えており、日本の酒文化をPRする狙い。

 店舗は第1ターミナルの国際線搭乗エリアに設置。中部地方の商品を中心に、全国の地酒や梅酒など約120銘柄を取りそろえた。東海3県を代表する中埜酒造(愛知県半田市)、船坂酒造店(岐阜県高山市)、大田酒造(三重県伊賀市)の3酒蔵と、中部国際空港会社が共同開発した日本酒も数量限定で販売する。

 この日は着物姿の「ミス日本酒」らが試飲をすすめていた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ