米弾劾裁判、「議会妨害」追及

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領ウクライナ疑惑を巡る上院の弾劾裁判は24日、検察官役を務める野党民主党の下院議員団が3日目の冒頭陳述を実施した。2訴追条項のうち残る「議会妨害」について、政権に文書提出や証言を命じた下院委員会の召喚状をトランプ氏が無視するよう指示したと指摘。「憲法が定める下院の弾劾調査権を妨害した」と批判した。

 この日で下院議員団による冒頭陳述は終了し、25日からはトランプ氏の弁護団が反論の冒頭陳述を計3日間行う予定。陪審員役の上院議員の質疑を経て、民主党が求めるボルトン前大統領補佐官らの証人尋問を認めるかどうかを決める。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ