新型肺炎、国内3例目を確認

共同通信

 厚生労働省は25日、18日に来日した中国湖北省武漢市在住の30代女性が新型コロナウイルスに感染し、肺炎を発症したと発表した。国内での確認は3例目。女性は発熱したが軽症だったため入院はせず、宿泊先のホテルに滞在し、外出を控えている。

 一緒に来日した女性の子どもら3人や受診した医療機関のスタッフ、ホテルの従業員にせきや発熱などの症状は出ていない。これから症状が出る可能性もあるため経過を観察する。

 女性は来日後の21日夜からせきと熱が出て、23日に東京都内の医療機関を受診。その後に国立感染症研究所(東京)などで検体を調べた結果、陽性と判定された。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ