新型肺炎、WHO集計も大幅増

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が全世界で1320人になったと明らかにした。前日の集計に比べ474人の大幅増。マレーシアでも感染が確認されているが、今回の集計には含まれておらず、計13カ国・地域となっている。

 WHO本部があるスイス西部ジュネーブの25日午前10時(日本時間同午後6時)時点の集計によると、中国本土での感染者が1287人。ベトナムでは中国の武漢に渡航した1人が発症し、中国を訪れていない家族1人に感染したことから、生活を共にし、濃厚接触がある場合には、人から人への感染がみられるとしている。

関連記事

PR

開催中

福岡県戦時資料展

  • 2021年8月2日(月) 〜 2021年8月6日(金)
  • アクロス福岡1階コミュニケーションエリア

PR