武漢帰国者に自宅待機要請へ

共同通信

 自民党の二階俊博幹事長は27日の記者会見で、新型コロナウイルスの肺炎が発生した中国・武漢に滞在する邦人を帰国させるためのチャーター機について「28日朝、準備が整い次第、出発する」との見通しを明らかにした。加えて「可能な限り速やかに対応するよう政府に要望した」と強調した。

 日本政府関係者によると、チャーター機での帰国者には2週間程度、勤務先企業などを通じて自宅待機などの経過観察を求め、感染拡大防止に努めるという。

 二階氏は「感染者は増しており、大変な危機感を持っている」と強調。政府と東京都による連携の必要性も指摘した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ