首相答弁「あまりに乱暴」と批判

共同通信

 立憲民主党の蓮舫参院幹事長は27日、「桜を見る会」を巡る安倍晋三首相の衆院予算委員会での答弁について「他の首相も後援会を招待していたと自分を正当化した、あまりに乱暴な答弁だった」と批判した。「安倍政権になってはるかに招待者数が増えた」と述べ、引き続き私物化疑惑を追及する考えも示した。国会内で記者団に語った。

 国民民主党の原口一博国対委員長は記者会見で、桜を見る会前日の後援者向け夕食会の明細書公表を首相が拒否したことを挙げ「犯罪を構成する事実を隠そうとしているのではないか。目が泳ぎ、感情的になっていた」と指摘した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ