武漢で住民一斉に窓開け国歌合唱

共同通信

 【北京共同】新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国湖北省武漢市で27日夜、住民が一斉に窓を開け、国歌や愛国的な歌を合唱したり「武漢がんばれ!」と掛け声を上げたりする運動が起きた。中国メディアでは「人心を鼓舞した」との評価の一方、「飛沫が飛び危険だ」との専門家の指摘も紹介された。

 医師らは感染拡大のリスクがあるとして「すぐにやめるべきだ」「マスクを着けるべきだ」と批判しているという。

 武漢の住民は外出を避けて自宅で長時間過ごしている。中国メディアによると病院のベッドが不足しており、自宅で隔離措置を取っている患者も一部いるという。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ