東証反発、163円高

共同通信

 29日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに反発した。終値は前日比163円69銭高の2万3379円40銭。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大をきっかけに前日までに大幅下落していただけに割安感に着目した買い注文が優勢となった。

 東証株価指数(TOPIX)は7・67ポイント高の1699・95。出来高は約10億3200万株。

 東京市場は取引開始直後から買い注文が先行した。米株高や円高ドル安の一服が好材料となって、輸出関連株を中心に最近下げていた銘柄を買い戻す動きが目立った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ