落ちないホタテ、受験のお守りに

共同通信

 ホタテの養殖が盛んな北海道豊浦町で29日、ホタテの貝殻で作った合格祈願のお守りが高校受験に臨む町立豊浦中学校の3年生20人に配られた。海中につるしたロープから落ちなかったホタテのみ出荷することにあやかった。

 お守りは小ぶりな貝殻1枚を使っており直径5センチほど。内側に貼った地元の漁師が使っていたカラフルな大漁旗の切れ端の上に、手縫いで「合格」の文字を入れたフェルト地がつく。

 噴火湾とようら観光協会が受験生を応援しようと作製。29日は同協会の金丸孝理事長(69)が豊浦中学校を訪れ、生徒一人一人にお守りを手渡した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ