社民、2月の合流決定延期

共同通信

 社民党は29日、立憲民主党との合流を巡って全国幹事長会議を国会内で開き、執行部側が目指した2月22、23両日の党大会での最終決定を先送りする方針を確認した。地方組織の合流に対する反発に配慮した。立民との協議を継続する考えも説明し、おおむね了承された。

 立民、社民は将来の合流を見据え、幹事長レベルで話し合いを続ける。吉川元・幹事長は会議後、記者団に「地方に情報が入らず、戸惑いや不安の声が出された。情報提供できるように立民と協議していくべきだという声が多かったと受け止めた」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ