ノーベル賞吉野氏が藤沢名誉市民

共同通信

 神奈川県藤沢市は30日、昨年ノーベル化学賞を受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰氏(72)に鈴木恒夫市長から名誉市民の称号を贈る顕彰式を行った。吉野氏はノーベル賞受賞で「市民の皆さんに元気を与えられたのではないか」と語った。

 吉野氏は約1100人を前に記念講演し、研究開発と実用化に長年携わったリチウムイオン電池が携帯電話などに活用されている現在から、未来社会を予測。次の変革は「環境とエネルギー」だとして、特に電気自動車への応用が進み、環境への配慮と経済性、利便性のバランスが取れた社会に変わるとの期待を示した。吉野氏は藤沢市に40年以上住んでいる。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ