クルーズ船、肺炎の検疫作業続く

共同通信

 新型コロナウイルスの肺炎が拡大した問題で、厚生労働省は4日、横浜・大黒ふ頭沖に3日夜に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で、乗客乗員約3700人を対象とした大規模な検疫作業を続けた。検査結果が判明し、全員の検疫が終わるのは4日午後以降の見込み。それまで全員が船内待機する。

 加藤勝信厚生労働相は4日の閣議後記者会見で「スピード感を持って丁寧に健康状態の確認に取り組みたい」と述べた。

 乗船した香港人男性(80)が、下船後の香港で感染が確認されたための措置。厚労省は那覇で検疫を終えていたが取り消し、改めて実施する異例の対応を取った。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ