新型肺炎拡大、予算措置含め対応

共同通信

 安倍晋三首相は4日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を巡り、国内の製造業や農業に生じている経済的な影響を調査し、予算措置も含めた対応を検討する考えを示した。政府内に予備費の活用を指示したことにも触れ「入国制限などにより、どのような影響が出るか注意深く見ている。必要があれば、ちゅうちょなく対応する」と強調した。

 国民の後藤祐一氏は、2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)と同様、感染症法に基づき、より強い制限が可能な「新感染症」に指定すべきだと主張。首相は「現時点で指定するのは難しい」と語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ