NY株続伸、407ドル高

共同通信

 【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は新型肺炎への警戒感が和らいで続伸し、前日比407・82ドル高の2万8807・63ドルで取引を終えた。上げ幅は昨年6月以来、8カ月ぶりの大きさだった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は194・57ポイント高の9467・97と最高値を更新した。

 新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大に伴う経済への影響が懸念される中、中国人民銀行(中央銀行)が市場安定化策を打ち出したことを好感した。4日発表された昨年12月の米製造業受注が市場予想を上回ったことも相場を押し上げた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ