トヨタ、マツダ中国販売減

共同通信

 【北京共同】トヨタ自動車が5日発表した中国市場における1月の新車販売は、前年同月比1・2%減の14万5300台だった。マツダは8・2%減の2万963台だった。春節(旧正月)の大型連休で販売店の営業日数が少なかった。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大も客足に影響した可能性がある。

 肺炎の影響は2月に入って一層深刻化している。自動車各社の業績を圧迫するのは確実だ。トヨタは2019年に過去最高販売台数を記録、マツダも19年末に復調の兆しを見せていた。

 トヨタの今年1月は、「アバロン」や「RAV4」が好調だったが、全体をカバーしきれなかった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ