JR東日本の最大労組が分裂

共同通信

 JR東日本の最大労組とされる東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)から一部の組合員が脱退して分裂、新たに「JR東日本輸送サービス労働組合」を結成した。10日に東京都内で結成集会を開いた。新労組によると組合員数は10日現在、2千人超という。

 加入したのはJR東労組の東京、八王子、水戸の3地方本部から脱退した人たち。

 JR東労組は2018年の春闘で会社側にストライキなどの争議行為を行う可能性があると通告して以降、脱退者が相次いだ。同年2月には約4万7千人だった組合員が1年後には約1万2千人まで減少。新労組の結成メンバーは本部執行部側と対立していた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ