アフリカ、バッタ襲来で食料不足

共同通信

 【ニューヨーク共同】国連人道問題調整室(OCHA)のローコック室長(事務次長)らが10日、米ニューヨークの国連本部で記者会見し、アフリカ東部にバッタの大群が襲来した事態を受け、7600万ドル(約83億4千万円)の緊急対策資金が必要だとして、各国に拠出を呼び掛けた。

 ローコック氏らによると、被害を受けているのはエチオピア、ケニア、ソマリアなどで深刻な食料不足に悩む計約1300万人のうち約1千万人。緊急対策をしなければ、春以降の耕作期を経て「被害はより一層甚大になる」と警告した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ