首相「自衛隊明記否決でも合憲」

共同通信

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、憲法改正を巡り、持論とする9条への自衛隊明記を盛り込んだ改憲案が国民投票で否決されても、自衛隊の合憲性は不変だとの認識を示した。国家には自衛権が認められているとの立場から「自衛隊が合憲だということは変わらない」と述べた。

 立憲民主党の辻元清美氏への答弁。国民投票と衆院解散・総選挙は同時に行うべきでないとの主張に対し、「首相の解散権を縛るのかについては、そうではないんだろうと思っている」と述べ、同時実施の可能性を否定しなかった。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ