「ウエステルダム」乗客が感染

共同通信

 【シアヌークビル、プノンペン共同】マレーシア政府は15日、カンボジア南部シアヌークビル港に到着したクルーズ船「ウエステルダム」を下船しクアラルンプール空港に移動した乗客の米国人女性(83)が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。

 カンボジア政府は感染者がいない前提で乗客らの下船を進めており、感染拡大の懸念もある。下船客には日本人もおり、日本政府はカンボジア政府などと連携を取り健康確認などを進めるとみられる。

 ウエステルダムは船内に新型ウイルス感染者がいる疑いが持ち上がり、寄港先が見つからない状態が長く続いたが、カンボジアが受け入れた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ