ロシア外相の早期来日調整

 【ミュンヘン共同】茂木敏充外相は15日午後(日本時間16日未明)、訪問先のドイツ・ミュンヘンで、ロシアのラブロフ外相と会談した。ラブロフ氏の早期訪日を要請し、日程調整を進めることで一致。北方領土での共同経済活動について、今年の本格事業化に向けた協議を加速させるとの認識を共有した。茂木氏は会談後、北方領土問題を含む平和条約締結交渉に関し「前進させるための方策を具体的に伝えた」と記者団に述べた。

 両外相は平和条約締結交渉の責任者を務める。

関連記事

PR

PR