19年分の確定申告始まる

共同通信

 2019年分の所得税の確定申告受け付けが17日、全国の税務署や特設会場で始まった。3月16日まで。例年この時期は、各会場が申告者で混雑する。今年は新型コロナウイルスによる肺炎の感染も広がっていることから、国税庁は「スマートフォンなどインターネットでの申告を試してほしい」としている。

 自営業者や、給与以外の所得が年間20万円を超えた会社員らは、確定申告が必要。国税庁は主に会社員を対象に、スマホで申告できる特設サイトを公開している。

 昨年10月の台風19号で被災した土地の贈与を受けた人は、相続税や贈与税が減額される。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ