GDP、年率6・3%減

共同通信

 内閣府が17日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比1・6%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は6・3%減となり、1年3カ月ぶりのマイナス成長に転落した。昨年10月の消費税増税に伴う駆け込み消費の反動で個人消費が落ち込んだほか、台風19号などの自然災害が影響した。

 年率の減少幅は、前回の消費税増税時の14年4~6月期(7・4%減)以来、5年半ぶりの大きさとなった。

 景気実感に近いとされる名目GDPは前期比1・2%減、年率換算で4・9%減だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ